本文へスキップ

Okinawa International Peace Research Institute

日本語  EnglishTEL.098-979-9490

〒900-0036 沖縄県那覇市西2−24−2

著書一覧Books

大田昌秀著書リスト


平和で豊かな沖縄を切望して50数年、70冊余りの著書にあらわれています。できるだけ多くの皆さんに読んで頂きたいです。

 No  著書  出版年  出版
沖縄健児隊(共)「血であがなったもの」 1953年 日本出版共同株式会社 
父の戦記(共)「<沖縄>野を紅に染めて・・・」 1965年 朝日新聞社 
沖縄の言論ー新聞と放送ー(共) 1966年 南方同胞援護会 
沖縄の民衆意識 1967年 弘文堂新社
醜い日本人ー日本の沖縄意識ー 1969年 サイマル出版会
現代の差別と偏見(共) 1969年 新泉社
沖縄県史 第二巻各論編ー(共)「大正・昭和期の県政」 1970年 沖縄県教育委員会
拒絶する沖縄ー日本復帰と沖縄の心ー 1971年 サイマル出版会
沖縄経験ー大田昌秀・大江健三郎(共) 1971年 沖縄経験刊行会
10 沖縄の心ー沖縄戦と私ー
1972年 岩波書店
11 近代沖縄の政治構造 
1972年  勁草書房 
12 沖縄の今と昔(共)「首里城下町の回想」 1973年 月間沖縄社
13 沖縄県史 第五巻各論編四文化ー(共)
「新聞・放送」
1975年 沖縄県教育委員会
14 伊波普猷−人と思想ー(共)
「伊波普猷の思想とその時代」
1976年 平凡社 
15 沖縄学の黎明「伊波普猷の学問と思想」
ー伊波普猷誕生百年記念会編ー(共)
1976年 沖縄文化協会
16 沖縄崩壊 1976年 ひるぎ社
17 これが沖縄戦だー写真記録ー 1977年 琉球新報社
18 鉄血勤皇隊 1977年 ひるぎ社
19 岩波講座 日本歴史二三現代二(共)
「占領下の沖縄」
1977年 岩波書店
20 那覇市史 戦後新聞集成ー資料篇第三巻三(共) 1978年 那覇市企画部市史編集室
21 日本占領軍ーその光と影・下巻(共)
「<対談>軍政下の沖縄」
1978年 徳間書店
22 戦争と子供
ー父から、戦争を知らない子たちへー
1980年 那覇出版社
23 沖縄人とは何か 1980年 グリーンライフ社
24 日高六郎編「軍備は民衆を守りうるか」
「憲法改悪反対運動入門」(共)
1981年 オリジン出版センター
25 This War The Battle Of Okinawa 1981年 那覇出版社
26 総史沖縄戦
1982年 岩波書店 
27 沖縄ー戦争と平和ー 1982年 社会新書
28 沖縄久米島?沖縄久米島の言語・「戦時下の久米島」文化。社会の総合的研究報告書(共)「社会についての一考察」 1982年 弘文堂
29 沖縄の帝王ー高等弁務官
1984年 久米書店
30 那覇十・十大空襲
1984年 久米書店
31 The Battle of Okinawa -The Typhoon of Steel and Bombs -
1984年 久米書店 
32 平和に願いをこめて(一二)沖縄戦後編
「いくさやならんどー」(共)
1984年 第三文明社
33 沖縄戦没者を祀る慰霊の塔 1985年 那覇出版社
34 沖縄戦とは何か 1985年 久米書房
35 写真集・沖縄戦後史(共) 1986年 那覇出版社
36 日本占領の研究(共)
「アメリカの対沖縄戦後政策」
1987年 東京大学出版社
37 西原町史「西原の戦時記録」第三巻資料篇
西原の戦時記録(共)
1987年 西原町役場
38 The U.S Occupation of Okinawa and Postwar Reforms in Japan Proper 1987年 University of Hawaii Press
39 写真集・沖縄戦(監修) 1990年 那覇出版社
40 「平和」を語る
1990年 県民の会
41 検証 昭和の沖縄
1990年 那覇出版社
42 沖縄の挑戦
1990年 恒文社
43 「人間が人間でなくなるとき」
ジェノサイド
1991年 沖縄タイムス社
44 沖縄を考える 大田昌秀教授退官記念
論文集
1991年 大田昌秀退官記念事業会
45 見える昭和と「見えない昭和」
1994年 那覇出版社
46 世世世(筑紫哲也氏と対談) 1995年 沖縄タイムス社
47 ひたすらに平和の創造に向けて
1996年 近代文芸社
48 沖縄は主張する 岩波ブックレットNo.397 1996年 岩波書店
49 平和の礎
1996年 岩波書店
50 沖縄県知事証言 1996年 ニライ社
51 沖縄師範学校学生の実録 1998年 千早隊手記出版編集
委員会
52 沖縄からはじまる(池澤夏樹氏と対談)
1998年 集英社
53 留魂の碑ー鉄血勤皇師範隊はいかに戦塵をくぐったかー 1998年 龍潭同窓会
54 これからの日本をどうするー自由の森大学講座ー(筑紫哲也 福岡政行編) 1998年 日本経済新聞社
55 大田沖縄県知事1〜8年のあゆみ 1998年 大田昌秀政経文化研究会
56 沖縄 平和と自立への闘い
写真と記録で見る大田知事の2990日
1999年 大田県政8年を記録する会
57 OKINAWA COLD WAR ISLAND 1999年 JPRI
58 ウチナーンチュは何処へ −沖縄大論争ー 2000年 実践社
59 沖縄の決断
2000年 朝日新聞社
60 醜い日本人 −日本の沖縄意識ー再販
2000年 岩波書店 
61 The Essaya on Okinawa Problems
2000年 ゆい出版
62 沖縄、基地なき島への道標
2000年 集英社
63 血であがなったもの
2000年 那覇出版社
64 有事法制は、怖い
ー沖縄戦が語るその実態ー
2002年 琉球新報社
65 沖縄差別と平和憲法ー日本国憲法が死ねば「戦後日本」も死ぬー
2004年 BOC出版 
66 沖縄戦下の米日心理作戦
2004年 岩波書店 
67 平和の礎特集号 大田昌秀参議院議員
国会活動3年間を振り返る
2005年 大田昌秀後援会 
68 日本にとって沖縄とは何かー沖縄戦の教訓と基地再編を問うー 2005年 大田平和総合研究所
69 死者たちは、いまだ眠れず
2006年 新泉社
70 沖縄の「慰霊の塔」
2007年 那覇出版社
71 沖縄戦を生きた子供たち
2007年 クリエイティブ21 
72 徹底討論 沖縄の未来 2010年 芙蓉書房出版 
73 こんな沖縄に誰がした
2010年 同時代社
74 二人の「少女」の物語 沖縄戦と子どもたち
2011年 新星出版


rバナースペース

Information沖縄国際平和研究所

2013
沖縄戦を知るためのDVD販売中!1フィート映像でつづる「ドキュメント 沖縄戦」「沖縄戦の証言」『軍隊がいた島〜慶良間島の証言〜」「沖縄戦 未来への証言」 詳しくは下記のリンクよりお進み下さい。

沖縄国際平和研究所沖縄国際平和研究所

〒900-0036
沖縄県那覇市西2−24−2
TEL 098-979-9490
FAX 098-979-9491
E-mail: Ota@opri.jp

沖縄戦記録映像DVD販売へのリンク